LEDビジョンとは LEDディスプレイの基礎知識

 LEDビジョン(LEDディスプレイ)とは 

 

LEDビジョン スタジアム スクリーン

都心のビル壁面やコンサート会場・競技場などにある、映像を映し出す超大型スクリーンで、発光ダイオード(LED)により発光しているモニターのことを、LEDビジョン・LEDディスプレイと言います。

よく液晶モニター・LCDディスプレイと間違われがちですが、液晶(LCD)は白色LEDなどバックライト光源によるホワイト光が液晶パネルやカラーフィルターによって色付けされて見える状態で、黒い部分はバックライトの白色光を液晶フィルターで遮断した状態になります。例えるなら、背面から白く照らした板の上に、色が自由に変わるセロファンを重ねたようなイメージです。

 

LEDビジョンのアップ画像
LEDビジョンのアップ画像(クリックで拡大)

 

一方、LEDビジョンにはバックライトは無く、面いっぱいに細かく敷き詰められたLEDがカラフルに発光することによって映像となって人の目に映ります。黒い部分はLEDが全く発光していない状態になります。

 

 

 

LEDビジョン 発光状態
LEDビジョン 発光状態

拡大してみると見るとわかりますが、カラフルと言っても実際に埋め込まれているLEDの色は、RGBRed/Green/Blueの3色だけになります。

画像の物は、DIPタイプ(砲弾型LED)になります。超高輝度で昼間の屋外でも抜群の明るさで視認性抜群です。

液晶モニターの10~20倍以上と、桁違いの明るさになります。

RGB 光の三原色
RGB 光の三原色

これは光の三原色で、各色を混ぜ合わせることで、数億色という色が表現できます。

 

SMDタイプのLED
SMDタイプのLED

最近ではこの3色のLEDが一つにまとめられた3in1チップ型SMDというタイプのLEDも非常に多く見られます。

近距離からでも色混ざりが良く発色が綺麗なことと、視野角が非常に広く、斜めからでも明るく鮮明に見えることが特徴です。

 

また一つにまとまったことで一つずつのサイズが小さくなり、さらに細かくできるため、高精細・高解像度化を実現できます。

明るさでは現在のところ従来のDIP(砲弾型LED)の方が明るい傾向にあります。

 

 

 LEDビジョンと液晶モニター 大きな違いは明るさと大きさ 

 

一般的な液晶テレビやPCモニターは、明るさが250~400cd/㎡ですが、屋外用LEDビジョンは5000~10000cd/㎡と、桁違いです。500cd/㎡未満の明るさでは、屋外ではほとんど見えません。

液晶モニターを業務用に改良したものを一般的にデジタルサイネージと呼びます。

長時間稼働の耐久性や明るさのアップ、防塵・防水対策などを施しているため液晶テレビより数倍価格が上がります。高輝度+防水で屋外に対応したものもありますが、それでも2500cd/㎡程度ですので、そこそこ目立ちますが、LEDビジョンの明るさには程遠い状況です。

 

また大きさですが、液晶モニターは1枚物の大きくて薄いガラスを使うため、大型化には限界があります。

複数の液晶を隙間なく並べて大型化する方法もありますが、フレーム(額縁)がどうしても邪魔になります。

 

液晶・LCD連結イメージ
↑液晶・LCD連結イメージ

 

その点、ガラスを使わないLEDビジョンは大型化しやすい上に、フレームが全くないユニットが作れるため、ユニットを連結しても継ぎ目の分からない大型ディスプレイの製作が可能になります。

LEDビジョン 連結イメージ
↑LEDビジョン 連結イメージ

LEDビジョンの販売・リースについて

 

LEDビジョン・LEDディスプレイ トピック一覧

LEDビジョン販売・リース【LED-PRO】店舗・屋外用

LEDビジョンとは LEDディスプレイの基礎知識

LEDビジョンは連結が可能(連結イメージ)

LEDビジョン リース・販売 参考価格について

中古LEDビジョン入荷!《エムケー精工》FV4053

高精細LEDビジョン新製品 12月発売予定 LD-FE0660S

LEDスタンドディスプレイ 超高精細5mmピッチ ST0410-80

LEDPRO